Goyard LOVE 偽物・コピー品見分け方撲滅

ゴヤールは1853年エドメ・ゴヤール(Edme Goyard)によって創設ゴヤール家は1600年代からフランス・ニヴェルネ地方で水上筏の製作会社として知られており、パリに出たエドメはトランクメーカーであるモレル社に就職。そこで培った技術をエドメは同じくモレル社に入った息子、フランソワに伝承したモレルはフランソワを後継者に指名。1853年モレルの死去に伴い、フランソワが会社を引き継ぎサントノレ通り233番地に「メゾン・ゴヤール」が誕生する1860年フランソワに息子エドモンドが生まれる。エドモンドも父親の後を継ぎ、彼によって多くの革新がゴヤールにもたらせられる。エドモンドは「トワル・ゴヤール」と呼ばれるリネン・コットン・麻を織り上げ、天然アラビアゴムでカバーした耐久性、耐水性に優れたキャンバス地を開発1892年には、有名な3つの杉綾がYのイニシャルをかたどったモチーフを開始。これはゴヤールと樹木を意味するシンボルとして描かれ、現在でもゴヤールバッグスーパーコピーのトレードマークとなっているエドモンドはモンテカルロ、ニューヨーク、フィラデルフィアにゴヤールブティックをオープンさせ、1900年にパリ万博では銀メダルを獲得。1906年のミラノ国際博、1908年ロンドンの英仏博では金メダルを獲得1923年、70周年を機にエドモンドの息子、ロベールが家業を引き継ぐ。1925年パリの装飾芸術博で名誉賞授与。1931年旅行用デスクの発明で特許を取得1998年ゴヤールのコレクターとしても知られるジャン・ミシェル・シニョールが事業のホテル業を売却して、5代目のイザベルからゴヤールを買収。現在はシニョール家によって運営されているトレードマーク

キャンバス地に刻印された杉綾模様のプリント杉綾模様が併記されたロゴは「Y」の字を表し、ゴヤールの名前や、樹木を象徴している。手作業にこだわる製法は創業以来、変わっておらず、顧客の注文に合わせた特注品も可能。2008年にはペッ卜用の商品を売る店舗を本店の向かいに開店。クライアントにはアーサー・コナン・ドイル、グレゴリー・ペック、ウィンザー公夫妻らがおり、Karl Lagerfeldはじめ多くのセレブが愛用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です